中国のカジノとギャンブル

ラスベガスは長きに渡って世界をリードするギャンブルスポットだと考えられてきました。しかしこの数年で、中国が新たなビッグマーケットになりつつあります。アナリストの中にも、中国が最大のギャンブルスポットだと考えている人もいます。 

全般的に、中国とアジアのマーケットは伝統的なギャンブル、特にアジア大陸で数世紀に渡ってプレイされてきた古典的なゲームを依然として中心に据えています。そうしたゲームの知名度は低いかもしれませんが、現代のギャンブルゲームの多くは古代中国でプレイされていたゲームにルーツがあるのです。

中国におけるギャンブルの歴史 

中国にギャンブルが登場したのは、最初の王朝が支配していた4,000年前のことです。そこから現在に至るまで、あらゆる王朝の時代でギャンブルの記述が残っています。くじ引き、パイゴウポーカー、打天九、ファンタン、麻雀といった現代のゲームの多くが、中国に起源を持つと言われています。

米国、オーストラリアの現代学問の世界では、ギャンブルという概念および現象を「これから起きる事象の未知の結果に対して、何か価値のあるものを賭けることである……、ギャンブルにおける期待は、賭けたものよりも価値の大きなものを得ることにある」(Aasved 2003, p. 3)と定義しています。中国人は、ギャンブルを単なるベッティング以上のものと考えています。

マカオ – 世界のギャンブルの首都

ベッティングと聞くと、まず私たちが思い浮かべるのが米国のラスベガスと中国のマカオです。ラスベガスについては多くのことを知っていますが、マカオがベッティングの世界を代表していることは理解しています。

1999年以来、マカオは香港に次いで中国の2つの特別行政区のうちの1つとなっています。マカオで最も強いのは観光産業です。マカオはカジノ、あらゆる種類のギャンブル、その他の娯楽施設があることから「東洋のモンテカルロ」と呼ばれています。最も人気のゲームは、中国のドミノとも言えるパイゴウです。

マカオはこの数十年で劇的に変化し、発展してきました。そして、世界のギャンブルの首都になりました。マカオが世界のリーダーたることを示す1つの興味深い事実は、2010年のマカオのギャンブル産業の収益は、ネバダ州全体のそれよりも大きかったということです。 

中国の大規模なグローバリゼーションと外国の多国籍カジノの参入という要素もあり、マカオの発展を中国が支援し、今の姿を作ったのです。

マカオには世界で最も大きく印象的なカジノが揃っています。ここでは莫大なお金が流れています。そうしたことから、マカオのカジノはハイローラーたちを呼び込むことに熱心です。マカオには38軒のカジノがあります。そのうち23軒はマカオ半島に、10軒はタイパ島にあります。

今やギャンブル産業の莫大な収益を駆動しているのは、怠惰な億万長者ではなく、好奇心と娯楽を求める無数の普通の人々です。これは中国政府の施策とも一致しています。中国政府がマカオをギャンブルの楽園、一般の観光客にとっての楽園にしなければならないと主張したため、カジノ側も、これに応じた戦略を実行してきたのです。

中国のカジノ/ギャンブル場トップ10

Tripdadvisor(トリップアドバイザー)によると、中国のカジノ/ギャンブル場ベスト10は以下のとおりです。

  1.  Casino at Venetian Macao(ベネチアン・マカオのカジノ)
  2.  Happy Valley Racecourse(ハッピーバレー競馬場)
  3.  Grand Lisboa Casino(グランド・リスボア・カジノ)
  4.  MGM Casino(MGMカジノ)
  5.  Sha Tin Racecourse(沙田競馬場)
  6. Lisboa Casino(リスボア・カジノ)
  7. Macau (Yat Yuen) Canidrome(マカオ・カニドローム)
  8. Langfang International Convention and Exhibition Centre(廊坊国際会展および展示場)
  9. Rio Casino(リオ・カジノ)
  10. Macau Palace(マカオ・パレス)